着物クリーニングの特徴について

公開日: 

大切な着物をクリーニングしたい!

大切な着物、汗をかいてニオイが染みついてしまった、食べ物や飲み物をこぼしてシミになってしまった、そんな経験ございませんか。
大切な着物だから自宅で洗濯して布地が傷んでしまっても困るし、そもそも家で着物が洗濯できるのかも分からない・・という時、
着物専門の着物クリーニング店でクリーニングしてもらうのが一番安心です。
着物を汚してしまっても、ニオイがついてしまってもきれいにすることはできます。
最近は持ち込みだけでなく宅配でクリーニングをしてくれるところも増えているので、
今持っている着物をきれいにすることをあきらめていた人は利用してみてはいかがでしょうか。気になっていた汚れが取れればまた着る事ができますね。

 

着物のクリーニングのタイミング

着物クリーニングはどんな時におすすめなのかご紹介します。
まずは、着物を着てしまう前にきれいにしたいという場合です。
着物を着て外出すれば、外の空気にも触れますし椅子等に座ればその汚れも付きます。
それらをきれいに落としてからしまいたい人におすすめです。
特に袖口や襟の部分は汚れがつきやすいのでクリーニングしておくと良いでしょう。

それから汗による汚れです。ニオイもついてしまうのでできればクリーニングしてからしまいたいですね。
将来的に着物を売る場合にも、これらの汚れやシミが買取価格に影響してきますので、クリーニングしておきましょう。
さらに、タンスの奥にしまっていた着物を出したら、シミができていたという場合もクリーニングが利用できます。
昔の着物でもぜひ相談してみてください。クリーニングできれいにすることができればまた着る事ができますよ。

 

着物のクリーニング方法とは

着物のクリーニングはどのような方法で行われているのでしょうか。
まずは汚れがどの部分にあるのか汚れ箇所のチェックなどが行われます。
シミや色の変化、こすれなどが無いかなどしっかりチェックしていきます。
それから下洗いと言って、裾や襟や袖口など、汚れが特につきやすいとされている箇所を重点的に洗う作業が行われます。
その後、目立つシミについて染み抜き作業をして専用のマシンで着物を洗濯していきます。
着物の形が崩れないように丁寧に洗っていきます。
汚れが落ちていることを確認して、乾燥させます。
自然乾燥させたあと、仕上げはスチームアイロンなどを使い行われます。
もちろん業者さんによってクリーニング方法に多少違いはありますが、
きれいに汚れを落としてくれることと着物の形を崩さない事は重要視されていると思いますので、安心して利用してください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑